商品の発送を頼むなら?~通販物流・物流アウトソージングの厳選業者ガイド
通販物流の業者を厳選紹介!物流アウトソーシングの全てに迫る
通販物流の見積もり比較 通販物流 【小規模企業向き】(年商数千万円)
通販物流のおすすめ業者 通販物流【中・大規模企業向き】(年商数億円)
サイトマップ
通販物流・物流アウトソージングの厳選業者ガイド » 優れた物流業者が持つ5つのポイント » 受発注管理まで委託可能

受発注管理まで委託可能

このページでは、通販物流業者の受発注管理についてまとめました。業者が受発注管理ができるかどうかは、企業のコスト削減の浮沈を左右することになります。

受発注管理を請け負うことができる

物流業者は主に入荷・配送業務をおこないますが、さらに受発注管理まで行ってくれる業者も一般的になりつつあるようです。

自社で受注、発注をおこなっている企業には人材の確保や育成、ノウハウの伝承などがつねに重要案件となっています。

この受発注の管理業務をアウトソーシングできれば、中間コストを大幅に削減できることになります。

またどのような業種にも、忙しくて猫の手も借りたい繁忙期と動きの少ない閑散期があるものです。繁忙期にはどう人材を確保するかが大変で、閑散期には無駄な人件費の問題が出てきます。

このような問題をクリアするためには、受発注管理業務を外部に委託することが最適。必要な時にだけ必要な量だけ、アルバイトではなくその道のプロに任せられるわけです。自社の中間コストが大幅に抑えられることが証明されています。

受発注システム

委託される物流業者は受発注管理システムを独自に運用しているところが多いようですが、なかにはクライアント側のこれまでの受発注管理システムを流用して、その企業の受注部門であるようなきめ細かい対応をしたり、小口発注や得意先からの連絡にも即時に対応してくれる業者も増えているようです。

なかにはクライアント別に専任の担当者を配している業者もあります。こうなるとクライアントにとっては、自社のある一部門を社外に持っているようなもの。時間のかかる「人材の育成」という課題もクリアできます

通販事業が成長を続けている現在は、受発注代行サービスだけでなく保管や在庫管理、検品、配送までを一括でサポートする体制が、今後もさらに深まっていくと思われます。

優秀な物流業者は、受発注管理と周辺の中間業務を一括して委託できる総合アウトソーシング業者と変わりつつあります。

クライアント側もこのような業者に委託することで、大幅なコスト削減や成長戦略につながったという例が増えているのが事実なのです。

このページの上部へ ▲