商品の発送を頼むなら?~通販物流・物流アウトソージングの厳選業者ガイド

通販物流の業者を厳選紹介!物流アウトソーシングの全てに迫る
通販物流の見積もり比較 通販物流 【小規模企業向き】(年商数千万円)
通販物流のおすすめ業者 通販物流【中・大規模企業向き】(年商数億円)
サイトマップ
  

通販物流アウトソーシング業者特集

今、配送だけでなく物流周辺の各工程をトータルで一括委託できる通販物流業者が、一般的になっています。別々の業者に委託するより、一括で業務委託したほうが契約もシンプルで低価格が実現するようになりますし、企業は煩雑な配送関連業務に忙殺されることなく、本業に注力できるようになります。

このサイトでは通販物流の入荷から検品、在庫管理、発送までの煩雑な工程を一括アウトソーシングできる物流業者を厳選して紹介しています。いずれも「ネットショップ」「通販事業」の業務改善、効率アップに貢献する 「物流アウトソーシング」ばかりです。

通販物流小規模向けカテ2TOPリンクボタン  通販物流中・大規模向けカテ1TOPリンクボタン

通販物流とは?

通販物流とは、物流倉庫センターで通販商品の保管と在庫管理を行い、入荷や検品、出荷作業までの周辺工程をまとめて行う物流アウトソーシングのことをいいます。

優良な物流業者は、クライアントの商材や要望に合わせた流通加工や在庫管理システムを導入して、最適な物流システムを構築してくれます。

導入するメリット

売り上げが上がっても、在庫管理や出荷作業などに煩わされず本業に専念できるようになる。これが物流アウトソーシングの最大のメリットです。

売り上げが上がるとともに、当然のこととして自社物流のボリュームが大きくなって入荷から発送までの周辺工程に時間と労力をとられることになります。

人件費や保管スペースのための賃貸料などの経費がかさんで、毎月の固定費が増加していくことに。そうなると少人数で始めた通販ショップなどでは、商品の販売という本来の仕事に専念できなくなり、売り上げが上がれば上がるほど、本業に支障をきたすことになりがちです。

入荷や検品、在庫管理、出荷、流通加工などの物流に関連する工程をまとめてアウトソーシングすれば、プロに安心して任せられるだけでなく、人件費や保管場所などのコスト削減につながり、企業は本業に専念できるようになります。

物流アウトソーシングを導入するにふさわしい企業とは、どういったものでしょうか。

【物流アウトソーシングに委託すべき企業 】

  • 在庫量が増えて、保管スペースが足りないためスペースを借りなくてはならない。
  • 売り上げが上がり処理件数が増えて、人手が足りない。
  • 物流周辺工程の業務は、素人だと検品ミスや誤出荷が多い (人材育成が難しい)。
  • 扱う商材の関係で、閑散期と繁忙期とでボリューム差がありすぎる。
  • 商品加工に手間がかかり、そちらに人手がとられるため本業に支障が出ている。
  • 作業の量が一定でなく、平日と土日との作業にムラがありすぎる。

通販物流の導入事例

ここからは、通販物流を導入して成功した企業の事例を2つ紹介します。導入を検討している方々のご参考になれば幸いです。

その1:年商数億円の実演販売会社(資本金1,200万円/導入当時は300万円)の場合⇒2006年にA社に通販物流アウトソーシングを依頼

問題点

これまで運送会社の物流倉庫に出荷作業を委託していたが、システムインフラが不十分でピッキング違いやアソート違い、発送の遅れなどの不具合が発生していた。

契約内容
  • 受注処理
  • 商品受け入れ、検品
  • 保管
  • ピッキング、アソート、梱包、出荷
  • 出荷伝票の作成代行
倉庫見学
しての感想
  • 商品がとても丁寧に管理されており、安心して任せられると感じた。感動さえ覚えた。
  • 倉庫見学時、社員さんが生き生きと仕事をしており、活気のある現場という印象を受けた。
導入後の
コスト削減について
  • 導入時の悩みはコストより、在庫管理や出荷対応だった。その悩みを解決し、安定した出荷体制を整えたことで売上高も好調。
  • 導入前2006年頃が2億円未満、現在15年は13億円近くまで伸びた。これは丁寧な在庫管理や正確な出荷による「顧客満足度の高さ」の反映と考えています。
  • また突発的な大量出荷にも柔軟な対応をとってくれるなど、売り逃しのない物流基盤を築いてくれた。
総合評価
  • もともと店頭販売や対面販売をメインとしている会社のため、物流にかけるマンパワーが不足していた。中央株式会社と契約し、安心して物流を委託できるパートナー会社ができたことにより、販売業務に100%専念することができた。
  • 物流業務の完全委託と管理費・運送費などの大幅なコストダウンを実現。かなりメリットのある取り組みとなった。
  • こちらが気付かないようなことまでマメに報告してくれて、細かいことにでもすぐに対応してくれる。
  • より効率的な作業のため、伝票類を工夫する提案を受けた。つねに「改善」を忘れない企業だと感じている。
  • 安心してお任せできる会社だと確信、信頼しています。

TOPページテーブル下中・大規模向けリンクボタン

その2:年商数千万円のサイト運営会社の場合⇒2015年にB社に通販物流アウトソーシングを依頼

問題点

自社で物流を行うのが困難だった。

契約内容
  • 在庫保管
  • 梱包および発送
  • 袋入れ作業
  • シール貼り作業
倉庫見学
しての感想

整理が行き届いているし、作業スタッフのあいさつが気持ちの良いものだった。

導入後の
コスト削減について

導入前の実績がないため不明も「在庫確認お問い合わせシステム」は、24時間365日確認ができて出荷依頼商品を引いた数で表示されるので、こちらでわざわざ計算する必要がないから管理が楽。人件費や時間削減ができていると思う。

総合評価

操作が簡単で使いやすい専用システムで満足しています。イレギュラーやペナルティー料金が設けられており、2カ月目から発生するということで最初は不安だったものの、稼働1カ月で慣れたので、今まで1度も発生せずに済んでいる。導入してよかったと思っています。

TOPページテーブル下小規模企業向け内部リンクボタン

以上、通販物流を導入して成功した企業を紹介しました。アウトソーシングで本業に集中したい方々には必見のサイトです。ぜひ、ご参考にしてください。

※このサイトは個人が調べた内容をもとに構成しています。最新の情報をお知りになりたい方は、各公式サイトをご確認くださいますようお願いします。

このページの上部へ ▲